2021年3月12日

妊娠中の歯磨きについて

妊娠中は普段どおりの生活が思うように出来ないことも多くなります。

 

歯磨きもその1つです。

歯ブラシを入れるとえづく、といった経験をされたことのある妊婦さんも多いと思います。

 

また、妊娠するとホルモンの影響などにより歯肉炎や歯周病になりやすいとも言われています。

 

ですが、お口の中の健康が悪く、歯周病のある妊婦はそうでない妊婦に比べて約5倍も早産になりやすいという結果も出ています。

 

このようなことを防ぐためにも、できる範囲で構いませんので、小さめの歯ブラシを使って細かい動きで磨いたり、においの強い歯磨き粉を避けたり、無理せずできるときに何回かに分けて磨くといったようなことを試してみてください。

 

どうしてもしんどい時はあまり神経質にならずに洗口剤を使用し、調子のいいときに磨くようにしてもいいでしょう。

 

当院では妊婦さんの体調に応じて治療やクリーニングをさせていただきますので気になることがあれば一度ご来院ください。

 

伊勢市 宇治山田駅すぐ 宇治山田歯科医院 歯科医師 片山昇

 

参考文献)久我原朋子, and 大橋一友. “妊婦の歯周病と早産との関連についての文献検討.” 川崎医療福祉学会誌 18.1 (2008): 227-237.

 

https://core.ac.uk/download/pdf/51478167.pdf