宇治山田歯科医院は伊勢市、宇治山田駅近くの歯医者です。一般歯科・小児歯科・矯正歯科・審美歯科・歯科インプラント、宇治山田駅より3分

0596-21-5888
WEB24時間予約受付
初診のご予約再診・定期検診のご予約
WEB24時間予約受付
初診のごl予約
再診・定期検診のご予約
歯科医師募集バナー
採用情報
CEREC3
マウスピース矯正
院長・スタッフブログ
宇治山田歯科医院のご案内
診療時間
診療時間

休診日:日・祝

※木曜日は12:00まで/土曜日は17:00まで

祝日のある木曜日は19:30まで

(祝日が土曜日の場合、木曜日は17:00まで)

診療科目

一般歯科/小児歯科/矯正歯科/
審美歯科/歯科インプラント/
ホワイトニング

宇治山田歯科医院

宇治山田歯科医院

〒516-0037
三重県伊勢市岩渕2丁目4-37
TEL:0596-21-5888
院長:片山 昇

  • 診療時間・アクセス
  • 宇治山田歯科医院
新型コロナウイルス対策
宇治山田歯科医院の新型コロナウイルス対策について
当院では、厚生労働省、日本歯科医師会、日本歯科医学会連合、アメリカ歯科医師会(ADA)、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)などの指針を日々確認しながら、現時点で考えうる最善の新型コロナウイルス対策として、以下の取り組みを行なっております。
新型コロナウイルス対策として行なっている取り組み

1

院内の定期的な消毒

待合室ソファ・ドアノブ・手すり・問診票記入用ボールペン等は持続型消毒剤や次亜塩素酸水で一定時間おきに清拭しています。

*

2

院内の定期的な換気

院内では空気の滞留を避けるために定期的に窓や扉を開け、部屋の空気を新鮮に保つ「換気」を行っています。

*

3

受付もマスク着用

感染予防のためにマスクを着用して受付対応させていただきます。
ご対応時には聞きづらいなどご不快に感じられるかと存じますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

新型コロナウイルス対策に伴い
患者様にもご協力のお願いをしております

  • 受付で感染症状の確認
    受付にて、新型コロナウイルス感染が疑われる症状の有無を確認させていただいております。(発熱、諸症状について)
  • 体温の確認
    37.5度以上体温がある方の診療はおことわりさせていただいております。
  • マスク着用のお願い
    咳エチケット、マスク着用へのご協力をお願いしております。
  • 入室前に手指消毒のお願い
    入室前には、次亜塩素酸水(人体には無害)による手指消毒にご協力いただいております。
  • 自己判断での受診中断はなさらず、当院にご相談ください
    自己判断での受診中断は、お口の衛生状態の低下による炎症・感染状態の悪化や、誤嚥性肺炎の発症などが懸念され、健康被害を招く可能性があります。自己判断せず、当院までご相談ください。
院内感染予防として、普段から行なっている取り組み

1

導入している衛生設備

世界最高基準の滅菌器を導入

*

世界で最も厳格な滅菌規格適合の滅菌器を導入しています。一般的な歯科医院の滅菌器は”クラスN滅菌器”とよばれ、滅菌が不十分な場合があります。当院では、世界で最も厳格とされる欧州の滅菌基準を満たした「クラスB滅菌器」を導入し、確実な滅菌を行なっています。

*

国内ではまだクラスB滅菌器使用への義務付けはなく、また、一般的なクラスN滅菌器の費用の5〜10倍かかるため普及が進んでいませんが、当院では感染リスクを最小化し、患者様とスタッフの安全を最優先するために以前より導入しております。基準を満たした「クラスB滅菌器」を導入し、確実な滅菌を行なっています。

洗浄・消毒・滅菌後の器具は滅菌パックで包み、清潔に保管します。
治療器具は使用する直前、チェアサイドで開封することで院内感染に配慮した歯科治療を行っております。

*

医療用洗浄機の導入

*

最高の滅菌レベル体制のためには、クラスB滅菌器で滅菌する前に、器具を確実に洗浄するプロセスが必要となります。当院では、非常に厳格なEN基準(European Standard)に準拠した自動洗浄機を導入しています。
新型コロナウイルスはもちろん、より強いB型肝炎ウイルスなども不活性にする熱水洗浄・消毒システムです。

ホルマリンガス殺菌器の導入

*

従来の滅菌器では殺菌できない、ゴム・ビニール・プラスチック類器具を、ホルマリンガスにより常温・常圧で殺菌します。現時点で存在するあらゆるウィルス(HIV・HBV等)の殺菌において抜群の効力を発揮します。

1

診療チェア、操作パネル、ライト等の定期的な消毒

診療台(チェア)、操作パネル、口腔内を照らすライト等は、持続型消毒剤で一定時間おきに清拭しています。

*

1

空気清浄機の設置

診療室内では空気清浄機を設置し、常時稼働しています。
また、加湿器に加えている水はウイルスに対して効果のある次亜塩素酸水を使用しています。

*

1

治療器具の滅菌、使い捨て

すべての治療器具は患者さまごとに交換し、滅菌処理を行なっています。
ただし、滅菌できない器具はディスポ(使い捨て)を使用しています。

治療器具、医療用ゴム手袋は
患者さまごとに交換
使用後は
徹底的な滅菌処理
エプロン、紙コップは
患者さまごとに廃棄

1

スタッフ全員の感染予防対策の徹底

治療する際にマスク、医療用ゴム手袋、ゴーグルの着用を徹底しています。
また、歯科医師、衛生士、助手、受付すべてのスタッフは、頻繁な手洗い消毒を行なっています。

*

NHK『あさイチ』で報道された、“新型コロナウイルス重症化予防”に対する口腔ケアの有効性について

2020年4月20日放送のNHK「あさイチ」に出演された元国立感染研究所口腔科学部長、花田信弘先生(鶴見大学歯学部教授)は、お口の中にある常在菌をできるだけ少なくしておくことによって、新型コロナウイルスによる肺炎の重症化リスクを減らせるとの見解を示されました。
また、直近の論文(4月24日時点)によると、普段、歯周病治療でお口の中の細菌を退治するためにも用いているアジスロマイシンという抗菌剤が、新型コロナウイルス治療に効果があることを確認する臨床研究も行われ始めています。

歯科の病気(むし歯、歯周病、歯の根の病気など)はほとんどが細菌感染を原因とするものです。
当院では、例えばかぶせものを装着する治療の場合も、歯とかぶせものの間に極力すきまができないようにする精密な治療を行なったり、歯周病原菌の棲み家となる「歯石」を徹底的に除去する専門治療も行うなど、高いレベルでの細菌除去に努めてきております。ご病気や高齢により通院が困難な患者様には、訪問診療を行なっており、細菌を少くするための口腔ケアを継続的に実施してきております。

病気そのものを予防するための予防歯科にも力を入れており、お口の中の細菌をできるかぎり少くするためのクリーニングや、歯磨き・舌磨き(舌清掃)指導も行なっております。

歯科医院では従来からシビアな感染対策を行なっており、本来、患者様が感染するリスクは極めて軽微です。今回の新型コロナウイルス感染に対しては、さらにもう一段高いレベルでの感染対策を早い段階から実施しております。

アメリカ歯科医師会の指針では、開業医が(休業せずに)緊急を要する治療を継続して受け付けることで、歯の痛みを訴えて病院の救急外来を利用する患者数を減らす(病院の医療崩壊を避ける)意義を示しています。当院でも、患者様とスタッフの安全に最大限の注意を払いながら、地域の医療崩壊が起こらないよう懸命に診療を行なっております。
普段より高いレベルの感染対策によって、患者様へはご不便をおかけする面もございますが、何卒ご理解いただきますようお願いいたします。

NHK「あさイチ」出演、花田信弘鶴見大学教授
(元国立感染研究所口腔科学部長)のコメント詳細

歯周病菌などお口の中の細菌はいつも少量ながら肺の中に入っています。普段はそれで問題ないのですが、新型コロナウイルスに感染すると肺の免疫力が低下することがわかっています。そのような状態で、お口の中の細菌が肺に入ると、ウイルスによる肺炎とは別に、細菌による肺炎を起こすわけです。つまり、ウイルス性肺炎と細菌による肺炎のダブルパンチが危険なのです。 ウイルス感染の予防は難しいのですが、ウイルス感染に続いて起こる細菌性肺炎の発症リスクを日頃からできるだけ低くしておくことが新型コロナウイルスに打ち勝つポイントだと考えています。歯周病の治療や歯磨きだけでなく舌磨きも忘れないようにしていただきたいと思います。

ページトップ
宇治山田歯科医院|ホームクリニック紹介診療内容設備紹介スタッフ紹介診療時間・アクセスお問い合わせ
Copyright UJIYAMADA DENTAL CLINIC All rights reserved.